店舗用のテーブルマットにはどんな種類がある?選び方や敷くメリットなどの雑学を紹介

このサイトでは店舗用のテーブルマットにはどんな種類があるのかを、選び方や敷くことで得られるメリットなど生活で役立つ雑学を紹介しています。
サイトでは多くの店舗で使用されるものはビニール製が主流であることや、選び方のポイントについても詳しく紹介しているので、これからお店を開こうと考えている方や店内の内装を検討されている方も、事前に情報をチェックしておくことでテーブルの敷物を選ぶ参考にすることができます。

店舗用のテーブルマットにはどんな種類がある?選び方や敷くメリットなどの雑学を紹介

店舗用のテーブルマットは、敷くだけで店内のテーブルにつきやすい汚れや傷から守る効果があります。
厚さも目的に合わせて選べるようになっており、厚いテーブルマットは敷物に起こりやすいズレが起こりにくく、食器を置くときの音が軽減されたり傷防止機能も高くなるメリットを持っています。
選び方のポイントは、素材や厚み、機能・加工をチェックしましょう。
色も木目や色合いなど素材をそのまま生かしたいなら透明タイプ、雰囲気をガラッと変えてしまい時や汚れや傷が目立つ場合には柄や色付きタイプを選ぶ方法もあります。

店舗用テーブルマットとはどのようなものか

店内の印象にも影響する店舗用テーブルマットは、一般的な市販品よりも優れた性能を与えられています。
飲食店で利用されているものの多くが撥水加工を施されているため、ワインやビールなどのアルコールを含む水分がこぼれ落ちても生地にシミ込みにくく、耐久性も高くなっており長く利用してもらえます。
店舗用テーブルマットはカスタマイズに対応しているのも特徴となっており、全体的なスタイルやデザインも多彩です。
例えば大型テーブルに対応する大サイズのテーブルマットから長方形や円形やひし形などスタイルも多彩です。
またシンプルなものから華やかな印象を放つインテリアの魅力を持つものも見受けられます。
業務用のテーブルマットは床材を守るカバーやインテリアとしても利用されており、撥水加工による手入れもしやすさも特徴になっています。

店舗用テーブルマットと店舗用テーブルクロスとの違い

店舗用テーブルマットと店舗用テーブルクロスは一見すると似ていますが、大きな相違点があります。
テーブルマットは天板を守るカバーの役割を目的にしており、テーブルの上に設置します。
これによりテーブルに直接傷が付くことを防ぐことができ、適度な硬さを持っているので書き物もスムーズに対応することができます。また、撥水加工されているため飲み物をこぼしてしまった際にも汚れをカバーすることもできます。
テーブルクロスは、テーブルの天板に覆いかぶせるように敷きます。
その上にお皿やナイフ・フォーク・お箸、ワインなどの飲食物を配膳することで、食事中にテーブルの上にこぼれてしまった際のテーブル汚れを防ぐことができます。
また、それぞれのスタイルから違いを見て取ることができます。
テーブルマットはテーブルの天板に与える影響を減らすため、約2mmの厚さのあるものが主流になっており、一定のクッション性能を与えられています。また水分を弾く撥水加工も施されており、天板やインテリアの魅力を高めるため透明なものからデザイン的に多彩なものまで幅広く見つけられます。
テーブルクロスは約1mmほどのものが主流になっており、汚れや食器の音を防ぐ目的で取り入れらえることが多いです。比較的シンプルなデザインが多い傾向にあります。
一見するとテーブルマットとテーブルクロスは似ていますが、機能と役割に応じた相違点を確認できます。

テーブルの上に店舗用テーブルマットを敷くメリット

飲食店など食事や飲み物を提供するお店にとって、テーブルをむき出しのままにして使用しているとお客様が食べ物や飲み物をこぼしてしまった時に付着した汚れが天板に染み込んでしまうケースがあります。
すぐに汚れに気が付けばすぐにお手入れが行えますが、汚れに気付かずに時間がすぎることで跡が残ってしまう可能性があります。
また日常的に食器を置いた時の傷やなども時間と共に目立ってくるので、テーブルの天板を汚れや傷から保護するためにも店舗用テーブルマットを敷くことは大きなメリットを持っています。
お店に置いているテーブルのデザインや素材は、店内の印象を決める重要なポイントになり、テーブルマットもお店の雰囲気を作る上で重要なアイテムになります。
特に天板の木目の美しさや色をテーブルマットで隠したくないという場合には、透明度の高いマットを選ぶとデザインや色合いを隠すことなく使用することができます。
撥水性があり汚れや水分を弾いてくれる加工がされていると、日々のお手入れがしやすく清潔に保つことができるのもメリットです。

店舗用テーブルマットにはどのような種類があるのか

店内で使用するテーブルを傷や汚れから守り、簡単にお手入れが行えるようにするためにも多くの飲食店では店舗用テーブルマットが使用されています。
テーブルマットには様々な種類があり、目的や用途によって選ぶべき素材や厚み、柄の有無なども変わってくるので事前にどのような種類があるのかチェックしましょう。
まず店舗用テーブルマットに使用されている素材は、主にアクリルとビニールの2種類が使用されており、アクリルは硬く厚みがあるので安っぽく見えないことが最大の魅力です。
店内の雰囲気を壊したくない、インテリアの統一感にこだわる場合に向いていますが強い力を加えると破損するため注意が必要です。
ビニールは柔らかいため丸めてしまうことも簡単で、割れる心配がありません。
アクリルと比べて安価であるメリットがありますが塩化ビニルは熱に弱いため高温のものを置くと変形するリスクがあり、熱いものは直接上のおかずに鍋敷きを使用する必要があります。
他には機能や加工が施されているテーブルマットは、非転写タイプならメニューを挟んで入れておいても文字がマットに転写する心配がなく、清潔感を重視するなら抗菌加工がされているもの、熱い料理を置いて変形を防ぐために耐熱性のある種類も販売されています。
またテーブルの質感を生かすなら透明がおすすめですが、雰囲気を変えたいなら柄や色付きタイプを選ぶとお店の雰囲気に合わせやすくなります。

テーブルマットに関する情報サイト
テーブルマットの雑学をご紹介

このサイトでは店舗用のテーブルマットにはどんな種類があるのかを、選び方や敷くことで得られるメリットなど生活で役立つ雑学を紹介しています。サイトでは多くの店舗で使用されるものはビニール製が主流であることや、選び方のポイントについても詳しく紹介しているので、これからお店を開こうと考えている方や店内の内装を検討されている方も、事前に情報をチェックしておくことでテーブルの敷物を選ぶ参考にすることができます。

Search