店舗用テーブルマット選びのポイント

店舗用テーブルマット選びのポイント

店舗用テーブルマットを選ぶ際にポイントとなってくるのは色彩で、いくら家具・雰囲気・レイアウトにこだわりが感じられる店内であっても食欲を失ってしまうような色彩のテーブルマットを選んでしまえば効果は半減します。
特に青・黄緑・紫・灰色・黒など、食欲を減退させるような色は避けた方がいいですし、人間は色彩に最も敏感だといわれているので、料理を美味しそうに見せてくれる暖色のもの購入することがおすすめといえます。
さらにはカラーコーディネートだけではなく、店舗ロゴマークや名前を記載したテーブルマットを利用することでお店の宣伝効果にも繋がりますし、お洒落で清潔なものを選べば老若男女問わず誰でも安心して訪れることができるお店を演出することが可能になってきます。

店舗用のテーブルマットは内装に合わせて選ぶ

店舗用のテーブルマットは内装に合わせて選ぶことや、抗菌加工済み・耐熱性が高いものが最適で小さい子どもが訪れる店だと食べ物を零した後でも汚れを拭き取って見た目が綺麗でも見えない菌が残ることもあります。
抗菌加工がされていれば衛生面で心配もなく、耐熱性があると出来立ての熱いメニューを置いてもテーブルマットが焦げてしまうといった心配がありません。
耐熱性が低いとコーヒーやスープなど熱い器を置いただけで溶けてしまい、耐熱温度も60度と200度以上のものだと使いやすさが違います。
店舗用でも食事がメインか、それとも他の作業をするために敷くかでも選び方が違い、汚れを防ぐなら透明度があるタイプがおすすめで木目が綺麗なテーブルでもイメージを損なわずに、その良さを活かしながら汚れも防げます。
例えばワインなどお酒を出すお店だと、万一お客が零してしまうとテーブルクロスのままだと大変なのでその上へマットを敷くことでお手入れも楽で汚れません。

テーブルマットに関する情報サイト
テーブルマットの雑学をご紹介

このサイトでは店舗用のテーブルマットにはどんな種類があるのかを、選び方や敷くことで得られるメリットなど生活で役立つ雑学を紹介しています。サイトでは多くの店舗で使用されるものはビニール製が主流であることや、選び方のポイントについても詳しく紹介しているので、これからお店を開こうと考えている方や店内の内装を検討されている方も、事前に情報をチェックしておくことでテーブルの敷物を選ぶ参考にすることができます。

Search